Infinity Venture Partners

インフィニティ・ベンチャーズ 最大75百万USドルの新ベンチャーキャピタルファンド「IVP Fund II」 投資活動開始のお知らせ

2011年05月26日
インフィニティ・ベンチャーズLLP
共同代表パートナー
小野 裕史 小林 雅 田中 章雄

インフィニティ・ベンチャーズ 
最大75百万USドルの新ベンチャーキャピタルファンド「IVP Fund II」
投資活動開始のお知らせ

インフィニティ・ベンチャーズLLP(所在地:東京都世田谷区)は、日本及び中国のネット・モバイル業界のベンチャー企業に投資を行うベンチャーキャピタルファンド IVP Fund II A, L.P. 及びIVP Fund II B, L.P. (以下「IVP Fund II」)の組成及び投資活動を開始したことをお知らせいたします。


■IVP Fund及びIVP Fund II 概要
公式サイト: http://www.infinityventures.com/

IVP Fund A, L.P. 及び IVP Fund B, L.P (以下 IVP Fund)は2009年1月22日にスタートした日本及び中国のネット・モバイル業界のベンチャー企業に投資を行う約25.3百万USドル(約21億円:1ドル82円計算)のベンチャーキャピタルファンドです。IVP Fundからは2010年7月に投資を行った共同購入型クーポンを提供するグルーポン・ジャパン株式会社や2009年12月に投資を行った大人気ソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」等を提供するRekoo Mediaなど合計11社に投資を行い、高い投資パフォーマンスを実現しております。

2011年にさらなる投資活動の拡大を目指し、第二号ファンドとなるIVP Fund IIの投資活動をスタートすることになりました。IVP Fund IIは2011年4月1日にスタートし、2011年6月中に第二回目の募集締切りを行う予定です。IVP Fund IIのファンド総額は約41.5百万USドル(約32億円:1ドル82円計算)となる見込みです。引続き募集活動を行い2011年内に総額75百万USドル(約62億円:1ドル82円計算)のファンド総額を目指します。

IVP Fund IIの出資者及び出資予定者は、NHN Japan株式会社、株式会社オプト、グリー株式会社、KDDI株式会社、GMOアドパートナーズ株式会社、そしてピー・アンド・エー株式会社などの事業会社や、BV Capital/eVenture Capital Partners、三菱UFJキャピタル株式会社などの国内外の投資会社、国内外のネット・モバイル企業の経営者個人です。

IVP Fund及びIVP Fund IIの累計到達金額は約66.8百万USドル(約55億円:1ドル82円計算)に達する見込みです。日本及び中国のアーリーステージのベンチャー企業への投資を積極的に行い、アジアから世界を代表するインターネット企業の輩出を目標に投資活動を行います。

IVP Fund II B, L.P.は日本国内投資家を対象としたLimited Partnershipであり、IVP Fund B, L.P.のGeneral PartnerであるIVP Fund II B (GP), Ltd.は、金融商品取引法に基づく適格機関投資家等特例業務の届出を行っております。インフィニティ・ベンチャーズLLPはIVP Fundに対する情報提供等の役務を提供しております。White & Case LLPやMaples and Calderなど国内外の一流の法律事務所が法律顧問を務めております。


■インフィニティ・ベンチャーズLLP
インフィニティ・ベンチャーズLLPは、国内外のネット・モバイル業界の有力経営者が450名以上集まるカンファレンス「Infinity Ventures Summit」( http://www.infinityventures.com/ivs/ )を企画・運営し、国内外に幅広いネットワークを有しております。このネットワークを最大限に活用して、ベンチャー経営・投資において成功実績を持つ以下3名の代表パートナーが投資案件の発掘などの情報提供や出資先の経営支援を行い、出資先の企業価値の最大化を目指します。

【田中 章雄(たなか あきお)】
カナダ、ブリティッシュコロンビア州立大学で修士号を修得。マクロメディア日本法人CTO、米国マクロメディア本社CEOアドバイザーを経て、アドビとマクロメディア合併後、アドビ本社でアジアを中心とした国際ベンチャー投資を統括。ウェブの動画やモバイルのゲームとしてもメジャーなFlash関連のビジネスを中心に中国、日本、韓国、インドを含むインターネット、モバイル系の投資及びM&A案件をリードする。2008年6月独立、インフィニティ・ベンチャーズLLPに共同代表パートナーとして加わる。北米、アジアのネットワークを生かし、中国を中心としたインターナショナルな投資活動を行う。英語・中国語堪能。

【小野 裕史(おの ひろふみ)】
東京大学大学院在学中より個人でモバイルメディアを複数プロデュースし、2000年より株式会社シーエー・モバイルの創業に関わる。モバイルメディア、コマース、コンテンツなど複数の事業を立ち上げ100以上のモバイルサイトの立ち上げをリードし、モバイルビジネスのリーディングカンパニー(2008年9月期売上高182億円)にまで成長を導く。2008年1月に株式会社シーエー・モバイル専務取締役を退任。独立後インフィニティ・ベンチャーズLLPを共同設立。国内外にてモバイルを中心に投資活動を行う。

【小林 雅(こばやし まさし)】
東京大学工学部卒業後、1998年アーサー・D・リトル(ジャパン)に入社。エレクトロニクス・情報機器・通信関連の新規事業戦略立案に従事後、ベンチャー・インキュベーション事業の立ち上げを経験。2001年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)入社。2004年同社パートナー就任(最年少)。累計約400億円のベンチャーキャピタル・ファンドの投資を担当。インターネット・モバイル・ソフトウエア産業の投資を得意とし、2008年12月にIPOを果たしたグリーなどの社外取締役を務めた。2007年8月に独立。2008年1月インフィニティ・ベンチャーズLLP共同設立。主に日本国内の投資活動を担当。またインフィニティ・ベンチャーズ・サミットの企画・運営責任者を務める。


本プレス・リリースは、インフィニティ・ベンチャーズLLP並びに同LLPが情報提供等の役務を提供しているIVP Fund A, L.P.、IVP Fund B, L.P.、IVP Fund II A, L.P.及びIVP Fund II B, L.P.の活動実績について一般的に公表することのみを目的としており、いかなる意味においても IVP Fund A, L.P.、IVP Fund B, L.P.、IVP Fund II A, L.P.及びIVP Fund II B, L.P.の組合持分その他の有価証券の取得の勧誘を構成するものではありません。

【この報道用記事に関するお問い合わせ先】
インフィニティ・ベンチャーズLLP
担当 : 共同代表パートナー 小林
Email: ivp-info@infinityventures.com
URL : http://www.infinityventures.com/